読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう アラフィフはなのささやかな日々

夫について

少し歳の離れたわたしの夫

 

夫について記するべき

その特質といえば

 

 

 …… 【   雑   】

              ざつ。

 

[大まかで、いいかげんなさま。ていねいでないさま。大ざっぱなこと]

 

 

言い間違いや書き間違いなどのうっかりミスがとにかく多い。

 

「わなった」❌ ➡︎「わかった」⭕️

 

この程度の凡ミスはもう日常茶飯事で

お茶の子さいさいである

 

 老眼のせいでキーボードが見えにくいとか、指が太すぎて押し間違えてしまうとかの問題もあるが

LINEの返信にはそういった凡ミスが山のようにねむっている

 

これに滑舌の悪さが加わる

「スメホ」❌ ➡︎「スマホ」⭕️

 

惜しい。。

 

ずいぶん昔だが

あの世界的に有名な映画のタイトルを

ビデオテープの背にタイトルを書いていたとき

 

「バックトゥザフゥーチャー」

                       ↓

 わたし: カタカナ間違えてるよー!(笑)

                        ↓

(訂正後)

「バックトゥザヒューチャー」

 

 

( ゚д゚)

 

 

夫は平凡な毎日に

小さな驚きを与えてくれる

 

言っておくが

夫は大学教育を受けている

二浪で一年だぶっているが

ちゃんと卒業している

 

 

字はミミズが這ったような文字でえらく小さいので

手帳に大変な秘密が書かれていたとしても読めないのでバレない

 

「 書く」「話す」「入力する」
どれをとってもツッコミどころに事欠かないのだ

最近歳のせいか

加えて
「見る」「聞く」も怪しくなってきた

 

一体これで

定年まで勤めた会社の業務に支障はなかったのだろうか

いや何かやっているはずだ

 

幼児のくったくない間違いは微笑ましい

しかし夫は60を過ぎている

ほっこりもしないし癒されもしない

 

料理も雑。

びっくりするくらい大きくいちょうに切られた人参の入ったチャーハン

(そもそも人参はチャーハンに入れない)

 

生の水菜をちぎってのせただけのトースト

 

箸が止まるほどしょっぱい味噌汁

 

とにかく性格的に

何も気にならないらしい

 

人はいいのだが

神経の細やかなわたしには

夫の感覚は理解できない

でも

そんなところに

わたしは救われているところもある

 

夫婦とは家族とは

一体何なのか

 

結婚してから

こんなことを考えるようになった

 

それはまた別の機会に

書いてみることにしよう

 

 

 

書く気になったら。🎃