はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう アラフィフはなのささやかな日々

良いお年を

いよいよ今年が終わりますね

2016年よ さらば。。

 

12ヶ月という月日は

最中にいる時はけっこう長く感じるもので

けっこういろんなことがある

 

忘れてしまってるようなことがたっくさんある

 

それくらい毎日いろんなことを考えたり

いろんなことが起きているんだと思う

 

人生が何十年かあるうちの12ヶ月

その中身は

けっこう盛りだくさんなのだ

 

何気なくでもイヤイヤ過ごしていても

朝起きてから眠りにつくまで

本当は自身の中で様々なことが起きている

「こんな楽しい時間を過ごせるなんて最高」(*'▽'*)♪

と思った直後、良からぬことが起きれば

あっという間に嫌な気分になる

1日そんなことを繰り返している

 

それに世の中の出来事が加わる

誰かと喋ったとかニュースで知った出来事だとかスマホを持っていれば1日情報の嵐の中にいるようなもの

 

それを見聞きする度に

心は悲しんだり喜んだり

めまぐるしく様相を変えていく

 

それをいちいち覚えていたら

疲れてしまうから

人間は程よく忘れていくという

よくできた生き物なんである

 

まあ、そんな1日を終えて

また朝が来て 

夜を迎える

 

それを12ヶ月繰り返す

 

一年

 

それは

なにか宇宙の法則と無関係ではあるまい

人間の生命活動と自然とは

きっと見えない何かで繋がり同調しているのだ

 

1週間も

1ヶ月も

1年も

その長さには意味があるのだ

 

どんな1年でも

積み重ねた1日は1日

私の人生の歴史に

残したつもりはなくても

残っていく

そこに陽はあたらなくても

 

 

不本意でも葛藤があっても不安でも

そこから離れた時には

いいこともあったはず

 

悲観的に考えるのは簡単だ

楽観視することは勇気

 

 

チューボーですよ」が今年で放送が終わってしまったことなど

いつまでも寂しがってちゃダメだ

 

この1年

けっこう幸せだったかもしれない

 

さあ

新しい1年がやってくる

 

 

また元気を出して

明日からも私の1日を生きようか