読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう アラフィフはなのささやかな日々

新年に思う

🎌新年おめでとうございます

 

昨年は

「ブログを書く」🖋

という

 

初めての事にチャレンジした

年でありました

 

何をやっても長続きしないわたしが

どれだけできるか

自分でも興味津々な気持ちでした

  

自分のペースで気ままにという

当初のイメージ通りに

細く続けていければと

思っている次第です

 

 

さて昨年末はというと

これがもう…

ドタバタの締めくくりでありまして…

 

事の起こりは

年末ギリギリになって

一人暮らしをしている大学生の息子が

お付き合いしている彼女を元旦に連れてくるというところから始まったのでした

 

その彼女とは大学の文化祭で一度会ったことがあるのですが

 

長身で小顔で目がくりくりとして

シックでオシャレで

それはそれは素敵なお嬢さんなのであります

 

そんなキラキラした彼女が✨

我が家にやって来る

 

 

週末しか掃除しないこの我が家に?

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

苗を抜いたまま夫婦どちらも手をつけない玄関の鉢

 

放置した壁紙の落書き

 

階段のコーナーにある片付けられない次女の荷物、、、

 

瞬時に頭を駆け巡る。。

 

 

老父と老母の世話で年中家を空け

一輪の花も飾られることのない

この我が家に…🍃

 

可愛いい女子大生がやって来る…

 

えらいこっちゃ……

 

がむしゃらな正月準備が始まったのは

年の瀬も押し迫ったどころではない

29日。

しかも30日は夫が夜勤だ

 

どうする?!わたし?!(°▽°)

 

カーテン、ソファカバー、ラグ、、

布という布を洗う

「一緒にお正月料理食べましょうよ」

なんて、母親の余裕を見せたわたし…

 見栄張らなきゃ良かったか?

 

毎年手作りするお餅も 息子は楽しみに待っている

もち米って一晩水に漬けるんですよ♪

知ってました?^o^

 

いや、いや、あたしがやるんだよ

 

 

あ"っ!

15年使い込んで白い塗装が剥がれて手垢のついたダイニングの椅子…

こんなもんに座らせるわけにはいかん…

 

夫:「俺、塗ってあげるよ」(^。^)

 

あぁ、

こういう時

何事も苦に思わない

かるーい夫の存在が有難い。。

 

時は大晦日

 

その間に

揃わない食器を買い足しにニトリに行く

大晦日までありがとうニトリ

 

天気も最高♪

息子が初めて彼女を家に連れて来る♪

心弾むお正月が待っている🎍🎶

 

とっぷりと日も暮れて

我が家の駐車場の薄明かりの中

ひと仕事終えた感の夫の姿が

 

ご苦労であったの…

お陰で…

 

 

う"!

 

f:id:rrst16br254bs:20170105110720j:image

これは…

 

呪いか…?

 

 

そうだ…

夫は雑だった…😭

 

(「夫について」参照)

 

 

スプレーしゅーーーー

 

でした。。🐾

 

 

 

イライラのMAX。。

 

年越しそばなんか腹のどこ入ったか覚えてません

 

 

除夜の鐘が

鳴っとる

 

 

さらば2016年 

 

来年もドタバタな予感。。

 

 

 

2017年が明けた🌅

花の苗を買いに朝イチでイオンにダッシュ💨

そこで見つけたワゴンセールにあったストールに咄嗟に手を伸ばす

 

f:id:rrst16br254bs:20170105123413j:image

 

応急カバー

(笑)

 

疲労困ぱいの夫婦

 

昼前に2人はやって来た

 

「今日はお正月からすみません」

手土産を持って礼儀正しく頭を下げる

ステキ可愛い

キラキラした彼女

 

いいえ、いいえ

待っていたんですよ

あなたのこと

 

夫と2人だけの元旦になるはずだった

 

来てくれてありがとう

息子を好きになってくれて

ありがとう

 

🌸🌸🌸

 

和やかに楽しく過ぎ行く時間

 

お腹もいっぱいになって

2人はソファに移動した

 

しばらくテレビを見ていたかと思ったら

 

静かだ?…

 

 

 

寝てる。。。zzz 

 

 

 

バイトやサークルや勉強で

忙しいって言ってたっけ、、

疲れすぎて玄関で寝て風邪ひいたことあったって、、

 

 

ふふ、可愛い。。

 

 

若いんだなぁ

 

 

夜になり夫の運転で駅まで送り

2人は帰って行った

 

夫婦2人だけの帰り途

 

元気で大学に通っているだけで有難いと思っていた息子は

 

優しい彼女に支えられながら

玄関で風邪をひいていた

 

大人になっていく子供たち

 

叶うなら

 

あなたの全てを守ってあげていた

あの頃に戻りたい

 

でももう

自分で歩けるようになったんだね

だけど

幸せと無事を祈るのはまだまだわたしの役目だよ

 

寂しいというより

心配なのかな

 

正月三ヶ日

暖かな晴天が続いた

 

悲しいことや辛いこともあるけど

笑える時が

幸せと思える時が

一回でも多くありますようにと

 

1月の青い空を見上げて思う

 

夫は翌日風邪でダウン

 

 

さあ新しい1年を

みんなで生きて行こう

 

本年もどうぞよろしく!🌸🌼🌸🌼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいだに乾かないソファカバーを陽に当てる