読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう アラフィフはなのささやかな日々

歩いて帰ろう

これまでブログに登場しなかった人物が1人いる…

 

モンスターシスターこと

私の姉    👻

 

 

親の介護が始まる少し前のこと

 

姉は夫と別居するため

突然親の家に転がり込んできた居候である

 

そういう人は普通

肩身が狭そうにしているものかと思うのだが

 

姉は居候とは思えないくらいに

 

自由で威張っている

 

 

姉は親の介護があるにもかかわらず

堂々と週5でフルタイムで働いている

おまけに帰りに買い物まで済ませてくる

 

しかも相談もなく役職を引き受けて

週末には残業もしてくる

 

なのに親の家に生活費は入れてない

 

これは笑えないやつである(笑)

 

 

現在平日は

日中わたしが両親の世話をして

夕方から姉にバトンタッチするという体制でやっている

 

 

 

姉が親の家に住み始めた頃

親はまだ介護を必要としていなかったが

その後二人はみるみる弱り始めた

 

 

父は軽い認知症を患うようになり

母は転んで大腿骨を骨折した

 

そんな二人が夜入れ替わり立ち代り起きてくるので

姉はその度に起こされることになるらしく、万年睡眠不足状態になっている

 

堪え性なく家を飛び出して実家に住み着いたものの

今度は眠れない夜が待っていたというわけである

 

たまたまではあるが

姉が親と同居したことで

わたしは夜に親の面倒をみなくて済んでいるし土日もフリーである

 

そんなわたしのことを恵まれていると思っているのか

 

寝不足でおかしくなっているのか

 

わたしに対する当たりが強い。

 

ストレス発散の相手にされて

とんだ迷惑をしている

 

平日日中の介護をわたしに任せて

しっかり稼いでいるのにも関わらず

 

「自分には土日も祝日もない!」

と、文句を言ってみたり

 

日頃大変にお世話になっている

ケアマネージャーさんに対して

 

超〜上から目線的発言をして

周囲をドン引きさせたりしている

ダメ姉である

 

 

家族というのは

安心安定の基地であるから

 

頼ったり甘えたりはいいが

 

その中で生きるルールは

世間と変わらない

 

親しき中にも何とやらである

 

 

姉が今

どんな振る舞いをしていようとも

お天道様は見てらっしゃる

 

ズルしたり威張ったりする人に

それなりの結末が待っているのは

 

イソップ童話

まんが日本昔ばなし

お決まりのことではないか

 

 

 

先日そんな姉と

歴史的大ゲンカをしたo(`ω´ )oカ-ン

 

姉の人生に干渉する気はないが

言いたいことは言わせてもらう

 

そろそろマズイと予感していたのだろうか、

わたしの怒り方が怖過ぎたのだろうか

 

 

モンスターは急に反省した(笑)

 

仕事を変え

介護体制は見直されることになった

 

 

本当に…

怒られる前に

気が付きなさいと言いたい

 

 

家族はいちばん小さな社会だけれど

まるで社会の縮図みたいなものだ 

 

好き勝手にやっていたら

どこかで待ったが掛かる

 

 

心を改めて

今後は地道に生きていって欲しいものだ

 

ほっほっほ、、、、、

 

 

 

しかしわたしの家族は
なぜ濃い人ばかりなのだろうか。。

まともな常識人は
わたしだけだ、、、

 

 家族も労働である。。

 

 

子育てや介護という

家族の為の労働にも

賃金を支払って欲しいものだ

 

これは議論の対象となることかもしれないが

 

そうしたら

保育所問題や介護離職問題など

解決してしまうのではないだろうか?

 

「そんな簡単なことじゃあない!」

 

と、お叱りを受けそうだ、、、

 

そりゃそうだね

 

わたしが生きている間に

恐らくそんな制度はできそうにないので

 

これから先も

キャラ満載の家族との

グタグタな毎日は続いていく

 

 

3月も近くなったある日曜日

夫と近くの公園に出掛けた

 

梅の花に早咲きの桜

穏やかな青い空

 

春はすぐそこまで来ている

 

手を繋いで歩こう

歩いて帰ろう

 

今日は歩いて〜♪

帰ろう♪

ダッダンダー♪ダッダンダダー♪♪

                       

               f:id:rrst16br254bs:20170226222459j:image