はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう アラフィフはなのささやかな日々

ビバ!専業主婦ライフ

今年もはや6月

もう梅雨の時期を迎えました

 

 

5月からわけあって

親の介護を少しの間お休みできることになり、

自宅で毎日専業主婦しております

♪( ´θ`)ノ

 

なにしてるかっていうたら、、

 

なかなか終わらないアルバムの整理

(まだやってる)

 

家中の断捨離&収納

 

そして季節外れの大掃除。。

 

目下のところ

窓掃除に追われているのだが

 

わたしの家は小窓が多く

ひとつ、ひとつ網戸を外し

ブラシで洗ってベランダに立て掛け

乾かしている間に

窓枠とルーバーを一枚ずつ拭いては

そこへ乾いた網戸をもどす

 

なんっとも地味だ、、、

 

それがなんと全部で15枚もあった

(´ω`)

 

放っておいた窓は

当たり前だけど汚い

一枚掃除しただけで

雑巾が真っ黒になる

 

 いかに今まで手を付けないできたかが

よくわかるが

 

 

家の中って

ほんっとににやることが多いんだな〜

っていう感想。。

(今更何だけど…)

 

家のことっていうのは

やらなくても

ものすごく困るわけではないけど

やるとすごい大変

 

ひとつやると

止めどなくやることが増えていくが

 

もうパンドラの箱

開けてしまったようなものだ

 

 

でも!梅雨前の大掃除は

メリットが多いことに気付いた

 

気候が良くて

外の作業も気持ちがいい

カラダがよく動くし

水仕事も苦にならない

 

ジメジメとした季節に備えて

家中さっぱりとするのでオススメです♪

 

こんな時大家族だったら

たくさん人手があっていいのになぁ

 

なんて思いながら

網戸についたカビを

ひとりゴシゴシこする日々である

 

とはいえ

こんな毎日を送っている中で思うのは

 

 

わたし、

時間に拘束されてない!

 

わたし、

自分のためだけに時間が使えてる!

 

あははははは!!!!٩( ᐛ )و

 

 

すごーく贅沢な時間を

過ごしているのを感じます

 

例えそれが

地味すぎる網戸掃除だったとしても

 

 

思えば結婚して2ヶ月で

ゲーゲーが始まってからというもの

 (「子育てと介護」参照)

 

3人の子供が成人したと思ったら

今度は親の介護と続き

 

四半世紀以上の間

自分勝手に動けることは

ほとんどなく

 

いつも

制限付きの時間の中で行動していた

 

 

毎日自由に時間を使えるなんて

サイコー!

サイコーの贅沢!!!

 

子供を身ごもってから初めて訪れた

何にも誰にも邪魔されない

自分のためだけの毎日

 

そんな貴重な感動的な時がやってきたっていうのに

家の片付けに当ててしまうのは

やはり主婦の性というものか…

 

わたしだって

パァーーっと旅行にでも行きたい✈️!

 

と思いますよそりゃ、、

 

だけど!

金がある時ゃ自由がない

自由な時は金がない💰

 

うまくいかないものだね。。

 

 

若い頃は

専業主婦でいるのが

もう嫌で、嫌で、、、

 

子供が成長して

自由に出掛けられる日が来るのを、

颯爽と働きに出掛ける自分の姿を、

夢見て、待ち望んで

ジタバタしていた日々もありました

  

20代、30代のいちばん元気な時期を

家庭の中で過ごすというのは

なかなか忍耐を要するもの

 

パートに出たこともあったけど

家事と子育てとの両立は

とんでもなく大変で

心身共にくたくたになり

体調を崩した時期も

 

 

 

 

とまあ、

わたしもいろんな時期を過ごしてきたわけだが

 

いま

気ままで自由な毎日を過ごすことに

つまらなさもある一方で

 

ようやく

ホームポジションに戻ってこれたような

何だか不思議な感覚がある

 

今のご時世

男も女もママも高齢者も

元気な限り働く時代

 

専業主婦は肩身が狭い?

 

いやいや

昼間の地域にも人は必要よ

空き巣対策になるわ

 

荷物も再配達してもらわなくていいし

急な雨に洗濯物をビショビショにしてしまうこともない

 

これって

ちっちゃな余裕だったりする

 

 

男の人のように

ひたすら働き続けるのと違って

 

女の人生っていうのは
次々とステージが変わる

 

 

女には

同時にいろんなことができたり

続く変化に

器用に合わせていく

そんな能力があるのかもしれないけど

 

だからこそ

身体と心のバランスを崩しやすいのかもしれない

 

いまわたしは

不意に訪れた休息の時を

退屈しながらちょっと楽しんでいる

 

 

家計はギリギリ

暇な茶飲み友達も見当たらない

地味で冴えない毎日だけど

 

時間に埋もれるような

たっぷりとした休息感

それには代えられない

 

 

深呼吸するように

 

追われず

逆らわず

気持ちの赴くままに

 

日々を過ごす

 

長い人生には

こんな贅沢な無駄も必要な時がある

 

疲れをとって

 

次の新しいステージに備えて

 

 

専業主婦な日々

 

おお

いいじゃないか

 (*´∇`*)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする