はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう はなのささやかな日々

気付いた時には

うっかりしてた

 

はなはアラフィフの使用期限を

超えていました

 

笑い

 

これもサバ読みというのでしょうか

年齢詐称になるのか?

 

 

やれやれ

もう

アラフィフも卒業か。。

 

しかし

"アラ○○"

って言い方も

もう古いか、、、

 

なんだろね

何でもかんでも

出ては消えて

使用期限のみぢかいこと!

 

流行りの店なんかもそうだ

このスィーツが大ブレーク♪

なんていうと

猫も杓子も群がってたのに

ブームが過ぎれば看板商品も

屋号も変わる

 

いろんなものが食べられるのも楽しい

流行を追いかけるのも確かに楽しい

 

老舗は老舗の

そっちはそっちの

どっちも違う存在意義があるのかもしれないね

 

だけどさ…

 

はやくない?

 

服も食べ物もタレントも芸人も

音楽も役者も何でも

サイクル早すぎ

 

いい人も才能持った人も

沢山いるんだから

そういうの財産にしていって欲しいなぁ

もったいないなぁって、

思うんだなぁ、、

 

お店すぐなくなると

働いてた人もきっと困るよね

 

個人商店て

個人的に好きなんですよねー

 

個性的で融通きくし

会話がマニュアル的でなくて

ほっとするんだなあ

 

昔は何でも個人だった

私の生まれたところは

商店街の中で

 

洋品店、米屋にお菓子屋

文房具屋、畳屋なんてのもあったな

 

どこものんびりしてて

おばちゃんやおじちゃんが

優しく話しかけてくれた

 

そうやって自然と

家族以外の世間の人と

子供は関わっていったんだな

 

子供たちは空き地でテキトーに遊び

オートロックなんかないし

よその家にズカズカ入ったりしてた

 

なんて、

ノスタルジーに浸ってても

しょうがないけど

 

言えることは

今よりもはるかにストレスの少ない世の中だったように思う

 

あの頃子供で幸せだった

 

いつの時代も

進化の代償はあるものだ

 

時代に適応して生きていくしかない

 

しかないけど

 

適応できない時

人はしんどくなる

 

人が適応できないほど

科学や文明が進化してしまった時

どうするんだろ

 

疲れた人の心や身体をを癒すのが

将来人工知能やロボットだったりするのかもしれないけど

 

それでも

人の悩み苦しみは消えることはないだろうな

 

新しいものを生み出すこと

進化することは素晴らしいこと

 

だからどんな変化に対しても

人間にはいつも知恵が必要で

 

その知恵は

何気ない子供時代の経験や

自然と触れ合った経験から

生まれるのかもしれない

 

そんな風に

のんびりと育ったが故に

 

未来は明るく希望があると

根拠なく考えるわたしとして

 

未来ある子供や若い人たち

小さな世界で絶望したり

悲しんだり

しないで欲しい

 

 

アラフィフ期限切れから

何でこんな話しになったのか

???

 

まあいいや

楽しくて平和だった

子供の頃を思い出して

楽しかったから

 

 

そう、そう

後で

「アラフィフはな」を

改めなくては、、、