はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう はなのささやかな日々

切ない春

ある日の

老いた両親の会話

 

父 「明後日は俺の誕生日か」

 

母 「👂えっ?」←(聞こえない)

 

父 「明後日は俺の誕生日だよ」

 

母 「あら、そうだった?」

 

父 「お前 俺の誕生日知らないの?」

 

母 「あらぁ、そうだったかしらね」

 

父 「まったくもう、、」←(不満げ)

 

 

母 「あれ?私の誕生日はいつだった

         かしらね?」

 

父 「お前、自分の誕生日知らないの

        か??」       

 

母 「いつだったろう??」←(マジな    

         やつ )

 

父 「全くしょうがねえなぁ、

        お前の誕生日は9月だよ!

         はっはっは!!」

 

 

 

残念です 父上…

 

 

母の誕生日は8月です!!!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

 

 

まぁ、こんなことで驚いていては

いられない

 

話しを変えよう

 

関東も桜が開花して

気持ちはすっかり春にシフトしていたところ

まさかの春分の日に大雪。。⛄️

 

びっくりしました〜

 

でも一年はあっという間

今年もこの季節がやって来た

 

うちの長男はこの春大学卒業を迎える

🎓🌸

そしてまさかの社会人になる

 

またひとつ

大人の階段を上っていく我が子

 

実は息子が大学2年で一人暮らしを始めた時

 

やはり親らしく

毎月苦しい家計の中から

自分は穴の空いた靴下を履いても

息子の生活費の足しにと

仕送りをするのが正しい母親の姿ではないだろうかと

 

…思ってはいたのだが

 

 

何せ両親の介護はあるは

出産した娘のフォローはしないといけないは…

初孫可愛さの余り

そっちに気持ちがいってしまっていた

 

おまけに旦那が定年を迎えて

給料が減っている中

息子の仕送りに回すお金を捻出するのは

しょーじきなところキツかったのだ

 

 

思えば

幼稚園の送り迎えも
PTAの役員も受験も
早朝のお弁当作りも
全部3人分

 

末っ子の息子が家を出て
正直解放されたような気持ちもあった

息子の子育てはもう終わりかけてるような気になっていたんだと思う

 

いや、正直

わたしはもう息切れしていたのだ

 

息子は総菜屋でバイトをしていたので

食べ物には困らないと聞いていたので

それをいいことにして

 

可愛い子には旅をさせろ

苦労は買ってでもしろ

 

なんていう

遠い昔のことわざを

都合よく持ち出して

 

まあ、、食べられるならいいか

うん、餓死することはないな

と、

自分を納得させていたところがあった

 

 

仕送りは

余裕ができた月に

何回か振り込んだけれど

とても十分な額ではなかったと思う

 

 

息子は親に金をせびることもせずに

ひとり黙々と勉強とバイトを両立させて

就活にも励み

何とか留年もせずに卒業できることになった

 

ところが後で聞いた話しで

お金がない時は

もやしを食べて生活をしていたとか

 

な、なんと、、、

ご、ごめんよ息子〜〜💦

 

後ろめたい気持ちを隠して

卒業と就職が決まった時

夫と3人で

ちょっと贅沢な食事をしに行った

 

大したフォローもしてないのに

「今までありがとう」と

笑顔でお礼を言う息子

 

済まない。。

 

 

息子の健気さに甘えていたのは

あたしの方だった

 

息子が立派過ぎて眩しい

 

わたしのダメ母ぶりが笑えない

 

 

人が大人になるまで

1日を何回繰り返すんだろう

 

子供たちを腕に抱いていた時間は

あの子達の一生から考えたら

ほんの一瞬のようなものだ

 

オギャアと生まれた赤ん坊が
大人になるって
嬉しいことなのに
なんでこんなに切ないんだろう

 

 

うえーーーん、えんえん、、、

、、、、、

 

大きな声で泣きたい

 

親は切ない生き物だ

 

 

今年は桜の開花が早い

のんびりしてる間に

散ってしまうだろう

 

子供も

のんびりしてる間に

 

大人になってしまう

 

そして

自分を超えていく

 

息子よ

おめでとう

母からのエールを受け取りなさい

 

ありがとう

 

これからの幸せを願っています

 

 

f:id:rrst16br254bs:20180325235152j:image