はなの日記

道草しながら散歩するように生きよう はなのささやかな日々

夫について⑥

ある日のこと

夫が何やらキッチンで料理をしている

 

切り干し大根と味噌を

お椀に入れる?

お湯をかける…

味噌汁のつもりらしい

 

おそらく乾燥わかめみたいにお湯をかけるとフワっとする予定だったのだろう

 

絶対硬いはずだ

水でもどしてない切り干し大根など

 

普通なら

かてーな! だめだ!

…とかなるのだが

 

黙って普通に食べる。。

 

下手すると

うん!いける!

とか言い出すんだな

 

というわけでわたしの夫は

とても不思議な人である

(夫について①〜⑤参照)

 

あの人はそう …

まるで

 

異星人👽👽👽

 

 

○正解=「スキカル」🙆‍♂️

×間違い=「スキルカット」🙅‍♂️

                      ↓

この言い間違いを一度正したので油断しているとまさかの2度目がある

 

(ちなみにスキカルとは家庭用の電動ヘアカット器具のこと)

 

 

とか

 

回転寿司で「いくらください ! 」を

                    ↓

「いるかください  ! 」…と言い間違える

(・□・;)うそでしょ…

 

とか

 

アーセナル🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿⚽️

イングランドのサッカークラブ名)を

                      ↓

           アナーセルに変更 

 

とか

 

まあ毎度のことながら

テキトーな性格だ

 

 

ほとんどの人が思っているはずのことを書こう

 

「なんで結婚したの?」

 

 

はい、それはね

 

夫は

いつも平常心

いつも気にしない

 

沈着冷静

 

怒らない

責めない

 

干渉しない

 

悪口を言わない

 

人のせいにしない

愚痴を言わない

言い訳しない

 

方向感覚ばっちり理数系

 

 

これらは全て

わたしに欠けていたことであり、夫との出会いは正直カルチャーショックだった

 

 

だってわたしは

 

すぐ信じる

すぐ一生懸命になる

 

すぐ感情移入する

すぐ傷付く

 

心配性でお人好し

方向オンチの理数オンチ

 

情にもろくて

おっちょこちょい

 

まるでオンナ寅さん

 

夫とはまるで正反対

 

だからこんな人が一緒にいてくれないと

人生を無事に生き抜くことはできないのではないかと思ったからだった

 

でも結婚してみたら…

 

 

や、そーでもなくね?

 

と、思うようになった

 

夫は一見

全てを達観した人格者のようだが

 

 

平常心で気にしないでいられるのは

                ↓

鈍感だからじゃん?

 

怒らないでいられるのは

                ↓

争いごとが面倒なだけじゃん?

 

干渉しないのは

               ↓

放っとけるだけじゃん?

 

楽観的なのは

               ↓

ただ呑気なだけじゃん?

 

といった具合に…

 

 

長所と短所はうらおもて

どっちから見てるかだけのハナシ。

 

長年夫婦を続けてきたけれど

確かに羨ましい性格だとは思うけど

 

何やらものすごく夫に

近づけないものを感じることがある

 

人間いつもそんな風に

生きられるものなんだろうか。。。

 

もっと人間らしく

恥をさらして生きようぜ!੧(❛□❛)

あたしみたいにさ!!

 

似た者同士分かり合える事よりも

違うものに補ってもらう事を

選んだのだから

 

仲良くせねばと思うけど

心配性のわたしとは

何事もスピード感が異なることに

イラついてばかり

 

自分にないものを持っていることが

良かったはずなのに

自分と違うことに腹をたてている

 

わたしも

勝手だ。   笑笑

 

まあ、、

夫のおかげてブログのネタがなくならないのでそこは感謝だ 

 

仕事をリタイアして

一日ずっと一緒にいたら

どんな毎日になるのだろう

 

夫の観察日記をつけていれば

ボケ防止にいいかもしれないし

退屈しないで済みそうだ

 

今はとりあえず

そういうことにしておこう

更年期の心の平穏のために。。

 

 

さて油断していると…

 

(夫)「スキルカット✂︎どこやった?」

 

 

だからーーーっっっ!!💧

 

 

                     f:id:rrst16br254bs:20180928233937j:image